H30年度4月の園だより

INFORMATION FROM KATAKAGO KINDERGARTEN
平成30年度 4月の園だより
平成30年4月6日
幼保連携型認定こども園としての今年からの重点目標
幼保連携型認定こども園としての今年からの重点目標

今冬、交通を麻痺させ、スーパーの店頭では品不足の原因ともなった数年に一度の寒波による大雪も、3月からの急激な暖かさで、一気にとけ、桜の開花が一気に進んでいるようです。園庭のチューリップやムスカリ、ビオラも桜に負けじと一斉に花をつけ、新入園児や進級児を迎えています。

皆さまご承知のように、子育ての基本は、子どもが、将来、親から離れ、自活できるようにすることです。
この基本のもとに、当園では、お子さんの心身の発達段階に応じて、ふさわしい能力や人間性を身につけるようにしています。それは決して英才教育ではなく、適時教育と言われています。

具体的には、

・つみきによる算数教室や知能教室で、創造的能力(課題発見解決型能力)
・オペレッタや器楽演奏などの「ミュジックフェスティバル」で見られる音感
・絵画・書道・工作などの作品発表の「こどもまつり」に見られる豊かな感性
・諺かるた、俳句かるた、百人一首などによる日本語独特の「ことばの習得」
・才能教室による技能や情操

などの習得を発達段階に応じて身につけています。

以上のかたかご幼稚園かたかご保育園の47年の伝統を継続するとともに、新年度は
*幼保連携型認定こども園教育・保育要領の改訂を受けて、0歳から就学までの切れ目のない教育・保育と幼児期の終わりまでに育みたい10の姿(自立心、協同性、道徳性(規範意識の芽生え)、社会生活との関わり、思考力の芽生え、生命尊重(自然との関わり)、数量・図形・文字等への関心・感覚、言葉による伝え合い、豊かな感性と表現、健康な心と体)

*人工知能の普及により10年後、20年後なくなる職業の時代到来に備え、課題発見解決型の創造的思考力の養成

*身体能力の向上を目指して、安田式体育用具を使った遊びと運動
園庭に植栽した樹木での木登り遊び

を重点目標にしていきたいと思います。
保護者の皆さまにおかれましては どうか以上の「かたかご幼稚園かたかご保育園」の「伝統の継続とこれからの充実・発展」にご支援・ご協力くださいますようお願いいたします。
かたかご幼稚園 かたかご保育園
 園長 野田 武



最新の園だよりへ

バックナンバー

このページの先頭へ

かたかご幼稚園かたかご保育園

お問い合わせ

0766-44-0200

【受付時間】月〜金曜日:8時〜17時