H29年度12月の園だより

INFORMATION FROM KATAKAGO KINDERGARTEN
平成29年度 12月の園だより
平成30年1月26日
ミュージックフェスティバルに強力な指導者現る
今年のミュジックフェステイバルは、いつも指導していただいている先生のほかに、強力なスパイスの効いた体制を取りました。それは、次の2点です。

1)職員が劇団四季の「リトルマーメイド」を観劇し、発声や振り付けを学ぶ
太田副園長の発案で、職員全員、名古屋で上演されている劇団四季の「リトルマーメイド」を観劇し、役者の発声や振り付けを学び、12月のミュージックフェスティバルのオペレッタに活かしています。

2)劇団四季に在籍しておられた荒巻正先生に発声やしぐさ・所作など基本的な表現を教わる
 本園 才能教室のバレ教室講師 和田朝子先生のご紹介で、荒巻正先生に3回ご来園いただき、園児たちにじきじき発声やしぐさ・所作など基本的な表現を教わりました。
 荒巻先生は体をかけ、汗をにじませながら真剣に発声やしぐさ・所作など表現の仕方を指導してくださいました。本当に有り難うございました。
 荒巻正先生にはミュージックフェステイバルにもご来駕いただき、その集大成を見ていただきます。

 さて、その荒巻正先生はどんな人なのか、略歴を紹介しましょう。
大学在学中に劇団四季研究所のオーデイションを受け合格。12年間在団し、2回の海外公演を含め17作品25役を演じる。
平成8(1996)年より劇団スイセイミュージカルに参加。以後、スイセイミュージカルの主要俳優として活躍するとともに、演出家・振付師・作詞家としてもその才能を発揮。
平成13(2001)年よりフリーに。
現在、砺波市を拠点にAtelier ONE ’s HEART代表として児童・生徒や大人を対象にしたワークショップ開催(以上 荒巻正先生のブログ参照)

 このようなプロの先生の指導を受けて、年長の「あじさい」「なでしこ」では、オペレッタについて、担任と「どんな場面にしたいのか」「どんなところが楽しいか」「どの歌が好きか」「難しいところはどこか」「どんな点に工夫しているか」など作品のポイントを話し合いながら練習をしてきました。
 もちろん、歌唱指導は引き続き、松井千代子先生です。

 また、器楽演奏でも、安川康子先生、高澤宏美先生の指導のもと、担任と話し合い「どんな楽器を演奏しているか」「どんなリズムでひこうと考えているか」「他のパートの音とリズムを合わせているか」「指揮者の先生を見て演奏しているか」などを意識して練習をするようになりました。
 
このように外部の先生方からの刺激を受けて園児と担任が発表作品を作り上げてきました。
 
さあ、本番が楽しみです。以上の音楽教育を通じて、園児たちは、集中力、忍耐力、意欲、マナーなど、立派な大人になる基礎が身についていきますから。 
かたかご幼稚園 かたかご保育園
 園長 野田 武



最新の園だよりへ

バックナンバー

このページの先頭へ

かたかご幼稚園かたかご保育園

お問い合わせ

0766-44-0200

【受付時間】月〜金曜日:8時〜17時