H22年度10月の園だより

INFORMATION FROM KATAKAGO KINDERGARTEN
平成22年度 10月の園だより
平成22年9月29日
子どもを信じる愛、子どもを見守る愛
森津順子先生は、筑波大学後、病院勤務を経て、平成9年に診療所「ひまわりクリニック」を都内で開業し、病める人々の心の治療にあたっておられますが、著書『子どもの心の悩みと向き合う本』の中で、私たちにも当てはまることを述べておられますので、それを抜粋・要約して紹介しましょう。

1)子どもの良い所を七つあげ、毎朝唱える。
 子どもは親が信じた通りに行動します。子どもさんは素敵な良い所を七つ持っていますので、子どもを信じて、良い所を心の中でつぶやく習慣をつくりましょう。

2)感謝の言葉、褒める言葉、暖かい言葉を使う
 子育てをしていると、どうしてもイライラしたり、暖かく優しい言葉を使うことが少なくなることがあります。言葉には「言霊」という力があります、いい言葉を使えば、いい共鳴が起こり、それが敏感な子に良い影響をもたらします。ですから、努めて感謝の言葉(手伝ってくれてありがとう等)、褒める言葉(がんばったね等)、あたたかい言葉(いってきます。いってらっしゃい等)を使いましょう。
 その際、注意したいのは「子どもを変えよう」と思わないことです。感受性豊かな子は「変わってほしい」という気持ちを敏感に察知し、ますます心を閉ざしてしまいますので「子どもに言い聞かせる」のではなく、「自分自身が良い言葉を使う習慣を作って」いってください。
 そして、一日が終わるときには、直接子どもに言わなくても、必ず心の中で子どもを褒めてみましょう。その穏やかなエネルギーがあなたの周りを包み、そのエネルギーを子どもが感じ取って、穏やかになっていきます。

3)一日一つ「いい言葉」を探す
 いい言葉を使うことに慣れるために、一日一つ「素敵な言葉」を探してみましょう。市販の本の中から選び、ノートにメモしておくのも素敵です。見つからなかった日は「いい言葉が見つからない自分でもいいよ」と書いても良いです。心が弱くなったとき、このノートを読み返してみましょう。良い言葉、優しい言葉はたくさんの愛の力を与えます。

4)自分の気持ちに焦点を当てて話す
 普段の言葉の使い方も一工夫するだけで、とても愛情溢れた言葉に聞こえるようになります。例えば毎晩遅くまで遊びまわる子どもに「門限は10時と、いつも言っているでしょう!」と叱るより「あまり遅くなると心配なの」と自分の気持ちに焦点を当てて話すと通じます。

5)自分の心を見つめる
 自分の気持ちに焦点を当てて話すためには、自分の心を見つめる習慣を作りましょう。例えば、子どもが店でぐずり始めた途端、イライラして怒りたくなった時、「何か自分の心の中に嫌なことがあるのかな」と客観的に自分を見つめてみましょう。必ず自分の中に何か問題が潜んでいるからです。自分が変われば、状況は必ず変わります。
かたかご幼稚園 かたかご保育園
 園長 野田 武



最新の園だよりへ

バックナンバー

このページの先頭へ

かたかご幼稚園かたかご保育園

お問い合わせ

0766-44-0200

【受付時間】月〜金曜日:8時〜17時